何が何だかわからないけど、仮想環境にLinux(CentOS)をインストールする

何が何だかわからないけど、仮想環境にLinux(CentOS)をインストールする

Reactの勉強を進めていく中で、ターミナルという黒い部分に、

コマンドを打ち込んでいくことが多くて挫折しました。

なので、仮想環境にLinuxをインストールして、仮想マシンを作り上げよう!と思いました。

仮想マシンを使えば、コマンド打ちまくっても、ぶっ壊れてパソコンが逝くのを防げます。

そこで、仮想環境にLinuxをインストールしようとしたのですが、一切インフラ系の知識がないものですから、一つ一つ手惑い、時間がかかったので、ここに記します。

まず、Qiitaの記事を読む。

https://qiita.com/miyagi1024/items/b44a89eb636d16de010c#virtualbox%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事にあるwebの用語のリンク先が、ものすごく参考になりました。

次に実際にVirtualBoxをインストールして、その上にCentOS8をインストールしていきますが、初心者にとっては、意味がわからなすぎて怖いです。

一日中探し回ってやっとぼんやりわかりだす感じです。

いろんな記事がありますが、

なんか少しずつ実際の表示とは異なっていたりと、初心者ドキドキポイントが目白押しでした。先に上げておきます。

※初心者ドキドキポイント↓

この画像が出てくると思いますが、これでした↓。

左側の、CentOS Linuxの「x86_64」と書かれたリンクから問題なくインストールできました。

さらに、そのリンクを押した時にたくさんのリンクが書かれているかと思いますが、

実は、よく見ると「地名」がローマ字で書かれています。

Ex. ~~~~Nara.130d;k/~~~

特に厳しい制約はないそうですが、近くの地名が書かれたリンクからインストールするといいそうです。

以下の3サイトを参考にさせていただきました。

https://www.dot-plus.com/server/linux/centos/1582/#CentOS

https://mseeeen.msen.jp/installing-centos8/

https://www.rem-system.com/centos-linux8-install/

先人のわかりやすい記事にひたすら感謝するばかりです。

この記事を読んでくださっている方の中には、

コマンドラインを触ってみたいけど怖いから仮想環境をインストールしていじってみようとしておられる方もおられるのではないでしょうか?

僕も、インストールはしてみたものの、何が何だかさっぱりです(2020年6月現在)

一緒に楽しんでいきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。